<< *>*卒業生の仕事先へ訪ねました。*<* | main | 静岡県立大学様とのコラボで能「羽衣」の衣装を制作! >>

*>*卒業生の仕事先へ訪ねました。Part.2*<*

卒業生の職場訪問Part2は、

以前紹介しました卒業生と同期で同じ会社で働いている入社2年目を向かえた

力元 ゆり恵さんです。

勤務先は蠕酖膺ナセルコンの松坂屋静岡店「和ぎゃらりい」さんです。

仕事についてや在学生に対するアドバイスなどのお話を聞いてきましたので、将来を考えている人は参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

■こちらに就職した理由、決め手はどの様な所に魅力を感じたからでしょうか?

 

商材として、着物では千總さん(創業460年)や、帯では川島織物(創業170年)など、伝統的な物が多く本当に良い物を扱っている事が決め手となりました。本物を知ることで、着物に対する自分の目や感性を養う事が出来ると思ったからです。

 

■現在(今後)の仕事内容、お客様や商品に対して心掛けている点は?

 

接客対応以外では、季節や祭事毎に販売計画を立て特集を組み、いつそれらを売るかなどを考えています。

また、キャンペーンのチラシ(葉書)作りなども担当させていただいています。

お客様に対しては、着物がまだ分からない方でしたら、何を必要としているか何が欲しいかを見極めて、お客様に商品を勧める様にしています。消費者からのニーズを学び販売に活かしていきたいです。

今は、和装小物(足袋、帯締め等)を任せられているので、将来は着物の仕入れなども勉強していきたいです。

 

辻村での学びが実際の仕事で活かされていると思う事は何ですか?

 

和服の基本的な事を教えたり伝える事が出来、実際に縫った経験を活かし半衿付けの付け方など教える事もありました。

 

■会社、着物を通して、お客様に伝えたい事。

 

日本の文化でもあり伝統衣装を着ることで、着物の良さに改めて気付いてもらいたい。

そして、着て良かったなと感じて欲しい。

 

■今後、呉服屋に勤めたいと思っている在学生へのアドバイスや、学校生活で大切にしてもらいたい事があったら一言お願いします。

 

希望する会社があれば、とにかく現場(売り場)を見にいきましょう。そのお店で扱う品は、自分が扱いたい品なのか?反物などのランクなども考え判断したり、店員さんの反物に対する扱い方や、出来れば足袋の一足でも買ってみて接客対応の様子を見る事をお勧めします。店員の態度から会社の教育が行き届いているかどうかも見えてくるかと思います。

縫っている時は、ただ縫うのではなく、常に「着る人」の事を想像(意識)して、喜んでもらえる様、一反一反仕立てていって欲しいです。

 

 

すっかりと一社会人としての顔つきになっていて、上司の方にも恵まれているようで今後の成長が楽しみですね。

和装小物を担当しているということで、足袋について聞いてみました。

足袋と言っても何種類も置いてあり(一般的なお店に比べて種類を豊富に置いているとのことでした)、

コハゼの数などに依って格があることや、自分に合った履きやすいものなどの説明を分かり易く話してくれました。

着物が初めての人でも、こんな店員さんが居れば安心して見たり聞いたり出来ると思います。

これからも頑張っていってほしいです!

 

お忙しい中お時間を割いてくださった関係者の皆様、ありがとうございました。

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2018.04.21 Saturday
  • -
  • 10:45
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

専修学校 辻村和服専門学校ホームページへ戻る
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
資料請求はこちらへ
辻村和服専門学校各種資料請求はこちら!
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links