祝 令和の茶会

七月も後半となり、2年生は茶道の授業の締め括りとして、お茶会を開催しました。

1年生はお運びとして参加です。

 

今回は改元を祝う茶会、題して『祝 令和の茶会』を茶道講師、佐藤宗裕先生ご指導の下、準備、練習を重ねてきました。

4席の開催で一席あたり25人程を招待。お客となったのは、在校生と卒業生、保護者や体験入学生などなど100名近くが参加してくれました。

写真右上、お点前さんと席主さんが偶然にも同じ浴衣を着用。お二人とも夏のオープンキャンパスでゲットしたそう!(^^)!

 

席主は、その日のお道具やお花、お茶碗などを説明していきます。お祝の茶会にふさわしい縁起の良いお道具が茶会を盛り上げます。

写真左上のお菓子の銘は『和(なごみ)』。金箔がかかっていて、黒蜜やわらび粉、あんこなどが練り込まれていて美味!特別に作っていただきました。

毎年美味しくて珍しいお菓子をいただけるのを皆楽しみにしています。

裏方では、大人数のお茶を点てる人、茶碗を出したり下げたりするお運びさん、茶会の進行具合を確認する人など大忙し。


 

おめでたいお道具の数々。

佐藤先生が趣向をこらしてご用意くださいました。

数茶碗のひとつに『令和』茶碗発見!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会記は2年生が筆で清書してくれました。達筆すぎる会記に一同驚き。

 

 

 

 

 

 

全席が終わったあと、ご指導くださった先生に学生がお茶を点てました。

佐藤宗裕先生のお力添えのおかげで、無事に茶会を開催できたことを感謝しました。

みなさん練習の成果を存分に出し切って、清々しい表情。

覚える事も沢山あり、練習する時間を作ったり大変だったと思いますが、その分、大きな達成感を得られたようです。

主催した2年生にとって、かけがえのない日になったようです。


平成31年度 入学式

4月5日

ちょうど桜も咲き天気も晴れとなったこの日、

辻村和服専門学校の入学式が行われました。

 

新入生の皆さんは緊張の面持ちで今日を迎えました。

1人1人学生証を受取り、在校生からは新入生の学校生活などへの不安を解消してくれる様な暖かい言葉と励ましの言葉を頂けたと思います。

 

スタッフ一同、皆さんが安心して授業を受けれる体制や学校生活を一生懸命サポートしていきますので、

新一年生も初心を忘れずに進んでいきましょう!


「あたりまえ」の反対は?

本日は学校に和尚様をお呼びしまして「説話・法話」を聞かせていただきました。

 

今回は「ーあたりまえー『どうせ私なんか、と思う時』」というテーマでした。

 

まず「あたりまえ」の反対は何かというと、「ありがとう」だそうです。

「当たり前(当然)」と「有り難う(有ることが難しい)」。

自分の身の回りのことや何気ない生活においても、それがあるのが当然と思い素晴らしい事なのに喜びを感じる事ができずにいるか、

有ることが難しいと気付きどんなに今の自分が幸せだったり恵まれていると感じられるか。

「有ることが難しい」というのは人間は失って初めて分かる。

 

もし、優しく(親切に)してもらっていたおばあちゃんが亡くなって、その優しさに少しでも有り難いなと思ったら、今度は自分が周りの人へ優しくしたり親切にしていく。人に親切にするといっても難しい事をやらないでもよく、トイレのくつを揃える、落ちているゴミを拾うなど日常的なことで、後の人の事を考えて行動することが大事である、と。

 

 

和尚様の体験談や実際に相談された話なども含めつつお話していただきました。

まだまだ若いうちは自分の事でいっぱいでしたり、「ありがたみ」に気付けない事もあるかもしれませんが、

学生達もこのようなお話を期に考えてもらえるといいですね。

 

 


オープンキャンパスのお知らせ 7/27(金)・28(土)

今週の7月27日(金)・28日(土)オープンキャンパス開催いたします。

体験内容は、ゆかた作り、茶道、着付けなどがあり、和の文化を色々触れることが出来ます。

モノ作りが好きな人、着物や浴衣に興味のある人や全く和裁を知らなかった人も

参加お待ちしています!

 

オープンキャンパスの1日のスケジュール

(10〜15時半の予定)

・学校説明⇒ゆかた作り⇒お昼ご飯(お弁当ご用意しています。学生も一緒に食べるので気になるコトなどお話を聞くチャンス★)⇒着付け⇒茶道⇒寮見学(希望者)

 

 

 

 

 


染色旅行in山梨・東京

7月1・2日に染色研修旅行に行ってきました。

今年は、1日目は山梨県河口湖にあります久保田一竹美術館 

 

2日目は東京・江戸小紋染め体験やスカイツリー(見学)に行ってきました。

 

 

今回はよく晴れて絶好の旅行日和だったようです。(ただ暑さがかなり厳しかったらしいですが´w`;)

旅行のお話は、参加した学生にUPしてもらうので続きは次回に!!

 

 

 

*研修旅行の目的* (色彩学を担当してくださっている稲葉先生より)

 

 和裁士になるため毎日手にしている反物、白生地がどのようにして素晴らしい模様が施され皆さんの手元に来るのかを知るため、日本の伝統を誇る手仕事の染色を中心に研修旅行を実施しています。

 1つ目は、伊勢の型紙・京友禅の研修に、鈴鹿市・京都方面へ

 2つ目は、辻が花染・江戸小紋の研修に、河口湖・東京方面へ

 3つ目は、加賀友禅・九谷焼の研修に金沢方面へ

 4つ目は、甲州印伝・藍染・有松絞りの研修に山梨・名古屋方面へ

と4つのコースを一泊二日の日程で毎年順々に研修していきます。

 人の文化は、“その人が歩いた距離に比例する”といわれています。

染色研修旅行を通していろいろな所を歩き、それぞれの文化を自分の目で確認し、

そして更なる興味関心を深め、これからの皆さんの人生に、

“自分なりの豊かな文化”を築く礎にしていけるように願っています。


〜〜涼を楽しむお茶会〜〜

7月21日

毎年恒例のお茶会を2年生が主体となって開催してくれました。

2年生は茶道の授業の締めくくりとしての発表の場でもあります。

 

 

席主の挨拶から始まり、お点前がお茶を点てている様子です。

表はこの2人がメインとなって行いますが、裏ではお菓子やお茶を運ぶ人や段取りを付ける人が

スムーズにお茶会の進行を運べるように今か今かと待ち構えています。

 

 

お茶会での楽しみと言えば、抹茶もそうですが、もう一つ

佐藤宗裕先生が和菓子屋さんに、この日のために特別に作ってもらうお菓子です。

今回は「葛焼き」というお菓子をいただきました☆

 

席主さんとお点前さんの息もぴったりでした。

最後は今回お茶会で使われた道具を並べてお客様に拝見していただきます。

 

 

夏の盛り、学生も職員も浴衣を着てのお茶会での一服、

皆さん涼を楽しんでいただけたのではないでしょうか。

2年生、1年生の皆、お疲れ様でした!

 

 


専修学校 辻村和服専門学校ホームページへ戻る
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
資料請求はこちらへ
辻村和服専門学校各種資料請求はこちら!
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links