授業風景〜これから裁ちを学ぶ学生に〜

〜裁ちの授業について〜

 

辻村では裁ちの授業は主に4年生を中心に勉強して行きます。(進み具合では3年生から裁ちの授業に入る学生も居ます。)

勿論裁縫もしますが、3〜4週間をサイクルに一週間丸々裁ちを勉強していきます。

今回は、これから裁ちを勉強していく学生へ、

本格的に始める前に裁ちの基本を学びつつ「ゆかた」を一反裁つという授業を行いました。

裁ちを始めるとマンツーマンの指導となりますが、今回は皆で勉強。

授業では裁ちに必要な寸法の出し方や計算を学んでから、

裁ちをしていきました。

 

当然いきなりハサミを入れる事は出来ないので、まずはお客様(仮定)の指定寸法が自分の持っている反物で長さが足りるのかなど見積もりをしていきます。ここで反物の長さが足りなかったりした場合は裁ち寸法を変えて見積もりをしたりしますが、あくまで指定寸法を取れる様に調整していきます。ただ柄などの流れも考えなくてはいけなく、ただ長さがあれば良いというわけでもないので、その辺が慣れるまで難しい所だと思います。

 

お袖の部分や身頃の部分等が決まり、

いよいよ裁ちの瞬間・・・(一度切ってしまったら元に戻らないというプレッシャー!!)

 

今回は練習用の反物を使い裁ちをしましたが、それでもやはり反物にハサミを入れるのは緊張したようです。

裁ちを来年度から始めるまでもう少し時間がありますが、それまで皆今日の授業内容を頭に入れておくようにね!

 

 


みんなで料理を!

一年生のみですが月に一回、料理の授業(選択)があります。

今回はオムレツ・筍のお吸い物・海鮮丼・酢の物・白玉ぜんざいでした。

 

盛り付けもキレイで美味しそうでした!盛り付け方などによっても、学年の個性が見えてきます。

今回、お食事の時に写真を撮ろうとしたら、みんな一斉に席から立ちあがって逃げられてしまいました(笑

食卓は賑やかなのに誰も居ないという写真に…(゜Д゜;)

 

 

料理の授業では作り方などの基本を学ぶ事が出来るので、一人暮らしをしている学生などは自炊する時に活用していってくれたらなと思います。


ご成人おめでとうございます!

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

今年もお正月が終わり成人式を迎え、辻村の学生も10数名が新成人として歩みだしました。

 

毎年、学生の中には、成人式には自分で縫った振袖で参加をする子も居ます。

2年生のM・Wさんもそんな一人で、1年生の冬頃に呉服屋さんに振袖と長襦袢の反物を選びに行き、

それから学校の放課後や、休みの日を利用して少しづつ縫っていき、夏休み前頃に振袖と長襦袢の両方が完成しました。

準備のタイミングなど、同じように成人式のために自分の振袖を作った先輩に聞いたりしたそうです。先人が居ると心強いですね!

 

 

 

 

自分で作った振袖を友人や、親戚に見せたら「凄いね!」と褒められたそうです。辻村の学生でも全員が全員自分の振袖を作ったりするわけではないですし、2年生の初めの頃ですと袷や柄合わせの着物を縫うのも難しかったと思います。

大抵の人は、呉服屋さんで買って仕立ててもらうか、お母さんのものやレンタルが多いわけですから・・・(゚д゚)スゴイヨ!!

 

成人式に参加したことで、『大人としての自覚を持って気を引き締めたい』とのことでした。

今後も和裁士としての成長も願っています!( ゚д゚)ファイトーー!

 

 

 


静岡県立大学様とのコラボで能「羽衣」の衣装を制作!

こんにちわ。

今回は静岡県立大学様より衣装制作のご依頼を受けたお話です。

 

きっかけは、静岡県立大学の「羽衣つたえ隊」

(教員と学生が自ら制作にかかわった能「羽衣」の絵本を使って羽衣のお話を子どもたちに、国内外に広めていく活動グループ。)

の教員の方から、学生がデザインした天女の衣装を制作出来ないか?とのお話をいただきました事から始まりました。

 

*活動の様子などはこちらから⇒羽衣つたえ隊HP

 

  

≪静岡県立大学の学生さんがデザインされた天女の衣装≫

 

こちらのデザインの衣装を辻村の先生と生徒で作りあげます。

辻村の他に、増田あいぜん工房様は学生がデザインした色に、生地を染めるのを協力してくださったそうです。

 

「羽衣つたえ隊」の方方や伝統的な技術を持つ同じ地域の人たちが協力し合って作るものですから、私たちもデザインした学生方のイメージ通りに合ったものを作れるように頑張りました!

 

それぞれのパーツはこんな感じに仕上がりました!

本格的な作りではないでしょうか。(゚ー゚)(。_。)ウンウン流石辻村!

 

辻村の学生に来ていただくと・・・

 

 

 

ぉぉっ!天女っぽいです!(お顔はご愛嬌で^^;)

これで羽衣を身にまとえば完成です。

 

辻村の役目はここまでです。満足いただけるといいのですが・・

後は、「羽衣つたえ隊」の方宜しくお願いいたします!


〜辻村のオープンキャンパス〜

今回は辻村和服専門学校のオープンキャンパスをの紹介をします。

 

 

オープンキャンパスでは、来ていただいた参加者にアンケートに応えていただいたり、理事長先生の挨拶、学校見学などをしてもらい学生達が実際に縫っている様子など見てもらいます

 

  、辻村ならではだと思うのは

 

6〜8月のオープンキャンパスでは浴衣作り体験をしていただき(それ以外の時期は和小物作りの体験となります)、

そしてその仕上がった浴衣や和小物はお持ち帰りしていただいています!( ゚Д゚ノノ"☆パチパチパチ

浴衣を一反もらえるというのが目玉ですね。

 (和小物の作るものは変わる場合があります。現在はシュシュを作っています)

 

 

浴衣作りと言っても、当然初めてという方が多いので、参加者の方には一部分を縫ってもらい完成となる浴衣をお渡しするので、体験の時間内に出来ますのでご安心ください。勿論、在学生や先生もご一緒させてもらうので、分からなかったりしてもすぐ対応出来ます。在学生との交流の場でもありますから、聞きたい事などあればどんどん話しかけてください。

 

これから進路を考えている学生の皆さん、遊びに来る気持ちでも良いので、和裁に触れてみませんか?(^<^)


入学してから半年が過ぎ、一年生の今 〜声〜

1年生も入学してから、早いもので半年が過ぎました。

学校にも和裁にも慣れてきた頃かと思うので、入学したきっかけや感想、これからの抱負を聞いてみましたので紹介したいと思います。(写真と話の内容は夏休み前後のものとなります)

 

1年生 M・Aさん

 

 『私は中学生の時、和裁士という職人がいる事を知りました。地元には和裁学校がなく、学校の近くに寮のある辻村和服専門学校に入学することを決めました。

  

     浴衣を仕立て始めて4か月程経ちますが、仕立てることはとても奥が深く難しいなと感じます。手縫いで同じ目の間隔で真っ直ぐ縫うことが難しく、同級生がどんどん進んでいるのを見て不安になる事もありますが、他の人と比べる事で自分がどんどん成長する事が出来ています。

 和裁だけでなく、茶道や着付け、染色などの授業もあります。茶道ではお点前はもちろん、おもてなしの心や季節を感じる事ができます。着付けでは着装だけでなく着崩れないポイントや普段着物を着る時にためになる事などたくさんの事を教えていただけます。1年生と3年生で染色研修旅行があるのでそれも楽しみです。和裁以外の事もしっかりと学ぶことで自分の知識も豊かになり和裁にも繋がるのでとても楽しいです。

 今の目標は浴衣を一日で仕立てられるようになることです。上級生になるにつれて難しいものを仕立てることになるので一反一反早く丁寧に仕立てられるようにがんばりたいです。先生方は分からない事があれば理解するまで丁寧に教えてくださいます。

 学校の行事では着物を着る機会が沢山あり着物を大勢で着る機会は少ないので、とても特別な時間を過ごすことが出来ます。

日本ならではの文化を学びたい、着物が好き、縫い物が好きな皆さんと今後一緒に学べたらとても嬉しいです。』

 

 

10月の現在、学生達は国家試験に向けて長襦袢の仕立て方を学んでいます。ゆかたと違う柔らかい生地なので最初は難しいかもしれませんが、上手に仕立てられるように励んでいって欲しいです。

 


専修学校 辻村和服専門学校ホームページへ戻る
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
資料請求はこちらへ
辻村和服専門学校各種資料請求はこちら!
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links