3歳用の被布の仕立て

3年生が3歳のお祝い用の被布を仕立て中。

七五三のお祝いで着るものです。
中に綿を入れます。

広げての作業になるので、スペースのある別の教室にて作業します。

集中して丁寧に作業していますね。

 


中秋の名月な茶道授業❊❊

9月になり、まだまだ暑さ厳しいですが、朝晩は秋の気配を感じられるようになりました。

台風の影響でご苦労されている方々が早く元の生活に戻れるようお祈りしています。

 

9月13日は中秋の名月[お月見!]です。

きれいなお月さまが見られるでしょうか。

昨日の茶道の授業では、中秋の名月にちなんでお菓子やお茶碗にウサギや月が描かれていたり、床の間にはススキが生けられていてお月見気分でした。

1年生は『盆略のお点前』が終わり、今日から『炉のお点前』になりました。

みなさん初めてのお点前に少々緊張の面持ちでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

可愛いウサギのお饅頭は中にこし餡、皮には山芋が使われていてモチモチ食感が

たまらなく美味しい!甘いお菓子の後はほろ苦い抹茶を飲んで、幸せ〜な時間です。

今日のお菓子は何かな〜?なんて茶道のお菓子をみんなとても楽しみにしています。

お点前も早く覚えて、美味しい抹茶を点てられるように精進しましょう。

 

 

 


花盛り

こんにちは

気がつけば6月も半ばになりました。

今年は例年よりツツジの開花が遅くて、5月の終わり頃にやっと満開になりました。

 

食堂から見える白いアジサイと

茶室から見える青いアジサイ。

ロビーには華道の先生が生けてくれたショウブとシャクヤク。

お花パワー全開!癒されます。


 

 

 

4月に入学した1年生は今ゆかたのお仕立てを学んでいます。

3階の1年生専用の教室で針の持ち方、運針をしっかり習っています。

基礎が何より大切ですからみなさん真剣です。

夏にはお友達や家族にゆかたを仕立ててあげるのを楽しみにする方も。

ガンバレ1年生!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして明日はオープンキャンパス!

明日からはゆかたの裁縫体験+着付け体験+茶道体験と盛り沢山。

当校にご興味をお持ちの皆様、奮ってご参加くださいませ。

裁縫体験で縫ったゆかたはお土産にプレゼント!

全国でも珍しい仕立の学校ならではの雰囲気を感じてくださいね。

お待ちしています♪

 


授業風景〜これから裁ちを学ぶ学生に〜

〜裁ちの授業について〜

 

辻村では裁ちの授業は主に4年生を中心に勉強して行きます。(進み具合では3年生から裁ちの授業に入る学生も居ます。)

勿論裁縫もしますが、3〜4週間をサイクルに一週間丸々裁ちを勉強していきます。

今回は、これから裁ちを勉強していく学生へ、

本格的に始める前に裁ちの基本を学びつつ「ゆかた」を一反裁つという授業を行いました。

裁ちを始めるとマンツーマンの指導となりますが、今回は皆で勉強。

授業では裁ちに必要な寸法の出し方や計算を学んでから、

裁ちをしていきました。

 

当然いきなりハサミを入れる事は出来ないので、まずはお客様(仮定)の指定寸法が自分の持っている反物で長さが足りるのかなど見積もりをしていきます。ここで反物の長さが足りなかったりした場合は裁ち寸法を変えて見積もりをしたりしますが、あくまで指定寸法を取れる様に調整していきます。ただ柄などの流れも考えなくてはいけなく、ただ長さがあれば良いというわけでもないので、その辺が慣れるまで難しい所だと思います。

 

お袖の部分や身頃の部分等が決まり、

いよいよ裁ちの瞬間・・・(一度切ってしまったら元に戻らないというプレッシャー!!)

 

今回は練習用の反物を使い裁ちをしましたが、それでもやはり反物にハサミを入れるのは緊張したようです。

裁ちを来年度から始めるまでもう少し時間がありますが、それまで皆今日の授業内容を頭に入れておくようにね!

 

 


みんなで料理を!

一年生のみですが月に一回、料理の授業(選択)があります。

今回はオムレツ・筍のお吸い物・海鮮丼・酢の物・白玉ぜんざいでした。

 

盛り付けもキレイで美味しそうでした!盛り付け方などによっても、学年の個性が見えてきます。

今回、お食事の時に写真を撮ろうとしたら、みんな一斉に席から立ちあがって逃げられてしまいました(笑

食卓は賑やかなのに誰も居ないという写真に…(゜Д゜;)

 

 

料理の授業では作り方などの基本を学ぶ事が出来るので、一人暮らしをしている学生などは自炊する時に活用していってくれたらなと思います。


ご成人おめでとうございます!

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

今年もお正月が終わり成人式を迎え、辻村の学生も10数名が新成人として歩みだしました。

 

毎年、学生の中には、成人式には自分で縫った振袖で参加をする子も居ます。

2年生のM・Wさんもそんな一人で、1年生の冬頃に呉服屋さんに振袖と長襦袢の反物を選びに行き、

それから学校の放課後や、休みの日を利用して少しづつ縫っていき、夏休み前頃に振袖と長襦袢の両方が完成しました。

準備のタイミングなど、同じように成人式のために自分の振袖を作った先輩に聞いたりしたそうです。先人が居ると心強いですね!

 

 

 

 

自分で作った振袖を友人や、親戚に見せたら「凄いね!」と褒められたそうです。辻村の学生でも全員が全員自分の振袖を作ったりするわけではないですし、2年生の初めの頃ですと袷や柄合わせの着物を縫うのも難しかったと思います。

大抵の人は、呉服屋さんで買って仕立ててもらうか、お母さんのものやレンタルが多いわけですから・・・(゚д゚)スゴイヨ!!

 

成人式に参加したことで、『大人としての自覚を持って気を引き締めたい』とのことでした。

今後も和裁士としての成長も願っています!( ゚д゚)ファイトーー!

 

 

 


専修学校 辻村和服専門学校ホームページへ戻る
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
資料請求はこちらへ
辻村和服専門学校各種資料請求はこちら!
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links