祝 令和の茶会

七月も後半となり、2年生は茶道の授業の締め括りとして、お茶会を開催しました。

1年生はお運びとして参加です。

 

今回は改元を祝う茶会、題して『祝 令和の茶会』を茶道講師、佐藤宗裕先生ご指導の下、準備、練習を重ねてきました。

4席の開催で一席あたり25人程を招待。お客となったのは、在校生と卒業生、保護者や体験入学生などなど100名近くが参加してくれました。

写真右上、お点前さんと席主さんが偶然にも同じ浴衣を着用。お二人とも夏のオープンキャンパスでゲットしたそう!(^^)!

 

席主は、その日のお道具やお花、お茶碗などを説明していきます。お祝の茶会にふさわしい縁起の良いお道具が茶会を盛り上げます。

写真左上のお菓子の銘は『和(なごみ)』。金箔がかかっていて、黒蜜やわらび粉、あんこなどが練り込まれていて美味!特別に作っていただきました。

毎年美味しくて珍しいお菓子をいただけるのを皆楽しみにしています。

裏方では、大人数のお茶を点てる人、茶碗を出したり下げたりするお運びさん、茶会の進行具合を確認する人など大忙し。


 

おめでたいお道具の数々。

佐藤先生が趣向をこらしてご用意くださいました。

数茶碗のひとつに『令和』茶碗発見!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会記は2年生が筆で清書してくれました。達筆すぎる会記に一同驚き。

 

 

 

 

 

 

全席が終わったあと、ご指導くださった先生に学生がお茶を点てました。

佐藤宗裕先生のお力添えのおかげで、無事に茶会を開催できたことを感謝しました。

みなさん練習の成果を存分に出し切って、清々しい表情。

覚える事も沢山あり、練習する時間を作ったり大変だったと思いますが、その分、大きな達成感を得られたようです。

主催した2年生にとって、かけがえのない日になったようです。


ゆかたの着方教室*〜高校生編〜*

これから和裁を学ぶ高校生のために今年も

辻村の学生による着付け教室を行わさせていただきました。

 

家政科のある静岡女子高校の生徒27名、辻村の学生10名が参加。

辻村では、2年次には着付けの授業で他装を学びますから教えるにあたってそれほど心配もないようでした。

まずは、デモンストレーションで着付けを見てもらい、同時に着物の部分の名称などを説明、その後5グループに分かれて練習をしました。

みなさんとっても楽しそうに浴衣を着ていたのが印象的でした。

自分で仕立てた浴衣を自分で着られたら素晴らしいですね。

 

 

 

 


染色旅行 in 金沢

辻村和服専門学校では年に一度、色彩学の授業の一環で各地の染色を学びに染色旅行をおこなっています。

今年は金沢方面へ。

1年生と3年生は必修で、他の学年は希望者を募り、総勢30名程が参加。

下は3年の伊藤さんの体験記です↓

 

6月30日、7月1日で金沢に染色旅行に行きました。

1日目に加賀友禅の染め体験ではハンカチを作りました。加賀友禅の特徴である「虫食い」と「外側が濃いぼかし」を意識して、同じ型紙でも各々少しずつ個性の出るハンカチが出来上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

             

2日目は石川県の名所「兼六園」と「ひがし茶屋街」の散策をしました。各々自由に散策して、私は名物の金箔ソフトを頂きました。令和の特別仕様です!

 

出発前は2日間とも大前の予報だったにも関わらず、ほとんど雨に降られる事もなく、2日目に至っては日差しが眩しかったです!とても楽しい旅行になりました。

 

 

 

 

 

 


歌舞伎鑑賞教室

今年も、年に1回開催される歌舞伎鑑賞教室へ行ってきました。

本格的な歌舞伎が学生は千円で見られる有り難いイベントです。

毎年演目が違い、舞台の様子も異なるので毎年行っても毎回新鮮な感動を得られます。

 

 

今年の演目は、神霊矢口渡(しんれいやぐちのわたし)でした。

歌舞伎の上演に併せて、歌舞伎の魅力や約束事、作品の見どころ等を歌舞伎俳優の方々がわかりやすく説明してくださいます。

今回の演目は 一途な恋の物語でした。

独特な個性を持つ(強欲非道な)主人公の頓兵衛や、可憐な娘のお舟の演技、立ち廻りなど見どころ沢山。

特に、人形のように演じる「人形振り」の演技は圧巻。

まるで後ろの黒子の人たちに操られる人形のよう演じます。

激しい感情を表に出す場面に使われるそうですが、人形なので顔は無表情、それでいて動きは激しい内面を表している、その不気味さが印象的でした。

 

皆で着物を着て行きました。

着物で行くとハンカチをいただけてちょっと得した気分です。

みんな学校で着付けを習っていますから自分でキレイに着ることができました。

 

SNSにアップしてください〜と舞台の写真まで撮らせて頂きました。

嬉しい楽しい歌舞伎鑑賞教室に今年も大勢で行けて良かったです。

また来年!

 

 


裁断のテスト

辻村では裁ちの授業は主に4年生を中心に勉強して行きます。(進み具合では3年生から裁ちの授業に入る学生も居ます。)

勿論裁縫もしますが、3〜4週間をサイクルに一週間丸々裁ちを勉強していきます。

 

今回は、現在裁ちを勉強している学生へ、

「ゆかた」の裁断確認テストを行いました。

 

裁ちに必要な寸法の出し方や計算、柄の出し方などの理解の確認と裁ちあがるまでの時間を計りました。

試験用に全く同じ柄の浴衣の反物を使いました。

 

当然いきなりハサミを入れる事は出来ないので、まずは指定寸法が自分の持っている反物で長さが足りるのかなど見積もりをしていきます。ここで反物の長さが足りなかったりした場合は裁ち寸法を変えて見積もりをしたりしますが、あくまで指定寸法を取れる様に調整していきます。ただ柄などの流れも考えなくてはいけなく、ただ長さがあれば良いというわけでもないので、その辺が慣れるまで難しい所だと思います。

 

お袖の部分や身頃の部分等が決まり、

いよいよ裁ちの瞬間・・・(一度切ってしまったら元に戻らないというプレッシャー!!)

 

 

今回は練習用の反物を使い裁ちをしましたが、それでもやはり反物にハサミを入れるのは緊張したようです。

 

皆さん合格点!もらいました(^^)v

裁ちは緊張しますが、自分のセンスで着た時の雰囲気が変わってきますからとても重要!しっかり学んで、裁ちは楽しい♪と思えるようになると良いです。

 

 

 

 


花盛り

こんにちは

気がつけば6月も半ばになりました。

今年は例年よりツツジの開花が遅くて、5月の終わり頃にやっと満開になりました。

 

食堂から見える白いアジサイと

茶室から見える青いアジサイ。

ロビーには華道の先生が生けてくれたショウブとシャクヤク。

お花パワー全開!癒されます。


 

 

 

4月に入学した1年生は今ゆかたのお仕立てを学んでいます。

3階の1年生専用の教室で針の持ち方、運針をしっかり習っています。

基礎が何より大切ですからみなさん真剣です。

夏にはお友達や家族にゆかたを仕立ててあげるのを楽しみにする方も。

ガンバレ1年生!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして明日はオープンキャンパス!

明日からはゆかたの裁縫体験+着付け体験+茶道体験と盛り沢山。

当校にご興味をお持ちの皆様、奮ってご参加くださいませ。

裁縫体験で縫ったゆかたはお土産にプレゼント!

全国でも珍しい仕立の学校ならではの雰囲気を感じてくださいね。

お待ちしています♪

 


専修学校 辻村和服専門学校ホームページへ戻る
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
資料請求はこちらへ
辻村和服専門学校各種資料請求はこちら!
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links