染色旅行in京都♪

今年の染色旅行では三重(鈴鹿市)、京都方面へ、 

それぞれ伊勢型紙の見学・体験、京友禅の染め体験などをしてきました。

 

1日目は三重県鈴鹿市にて伊勢型紙を学びに

伊勢型紙資料館や鈴鹿市伝統産業会館を訪れました。

 

 

       

 

↑体験にて。型紙を一心に彫っています。

 彫り方には突き彫り、錐彫り、道具彫り、縞彫り(引き彫り)と4種類あります。

 職人さんでも得意とされる彫り方は1種か2種というお話でした。それだけ一つの技法を極めるのは難しいということですね。

↗お土産にもらった、伊勢型紙のしおりです。使わせてもらってます^^

 

そして京都へ。

京都の宿に着いたら、荷物を置いてそれぞれ自由散策!

 

鴨川ではカップルが等間隔で並んでいる様子が。

右の写真は京都を舞台にしたアニメのキャラのようです。

 

京都散策思い思いに楽しんでいただけたのではないでしょうか。

 

2日目

西陣織会館にて西陣手織り体験。

こちらの体験ではミニランチョンマットを作りました。

手動の機織り機は、上手く使うことは出来たかな?

 

 ⇒ 

*型友禅染め体験

何枚かの型紙を使い、色を使い分けて、筆で刷り込むように色をさします。

とてもキレイな柄になりました^^

 

また、型友禅の技法を使った反物を作る職人に求められる高度な技術や、膨大な型紙の保管庫、

広大な作業場などを必要とするため家業店が少なくなっているそうです。

  

この様な日本の伝統的な技術(しかも高度な)などを学びにいくと、50年先は受け継いでいかれているのか危惧してしまいます。

和裁を通して間接的ではあるけれど、これらの伝統に関わっている学生に少しでも知ってもらえた事はとても有意義だったかと思います。

 

 

今回の旅行に関わってくださった皆様、貴重な体験をありがとうございました。


染色研修旅行について

〜染色研修旅行とは〜

 

毎年7月初め頃に1年生と3年生が一泊二日で行く研修旅行になります。

 

*研修旅行の目的* (色彩学を担当してくださっている稲葉先生より)

 

 和裁士になるため毎日手にしている反物、白生地がどのようにして素晴らしい模様が施され皆さんの手元に来るのかを知るため、日本の伝統を誇る手仕事の染色を中心に研修旅行を実施しています。

 1つ目は、伊勢の型紙・京友禅の研修に、鈴鹿市・京都方面へ

 2つ目は、辻が花染・江戸小紋の研修に、河口湖・東京方面へ

 3つ目は、加賀友禅・九谷焼の研修に金沢方面へ

 4つ目は、甲州印伝・藍染・有松絞りの研修に山梨・名古屋方面へ

と4つのコースを一泊二日の日程で毎年順々に研修していきます。

 人の文化は、“その人が歩いた距離に比例する”といわれています。

染色研修旅行を通していろいろな所を歩き、それぞれの文化を自分の目で確認し、

そして更なる興味関心を深め、これからの皆さんの人生に、

“自分なりの豊かな文化”を築く礎にしていけるように願っています。

 

 

 

実際に染めの体験などをしたり、資料館などを見学したりします。

また他に学生の楽しみと言えば、自由時間でしょうか。ご当地の美味しいものを食べに行ったり

歴史が好きな学生や、最近ではアニメや小説などで舞台となる場所などを聖地として

散策する学生も居ます。

 

次回は今年行った染色旅行の様子をお伝えします。


〜〜涼を楽しむお茶会〜〜

7月21日

毎年恒例のお茶会を2年生が主体となって開催してくれました。

2年生は茶道の授業の締めくくりとしての発表の場でもあります。

 

 

席主の挨拶から始まり、お点前がお茶を点てている様子です。

表はこの2人がメインとなって行いますが、裏ではお菓子やお茶を運ぶ人や段取りを付ける人が

スムーズにお茶会の進行を運べるように今か今かと待ち構えています。

 

 

お茶会での楽しみと言えば、抹茶もそうですが、もう一つ

佐藤宗裕先生が和菓子屋さんに、この日のために特別に作ってもらうお菓子です。

今回は「葛焼き」というお菓子をいただきました☆

 

席主さんとお点前さんの息もぴったりでした。

最後は今回お茶会で使われた道具を並べてお客様に拝見していただきます。

 

 

夏の盛り、学生も職員も浴衣を着てのお茶会での一服、

皆さん涼を楽しんでいただけたのではないでしょうか。

2年生、1年生の皆、お疲れ様でした!

 

 


学生が呉服屋さんへ行き、講師体験をしてみました。

今回、学校と呉服屋さんでの新たな試みとして、

学生を呉服屋さんへ派遣して、お店のお客様に長襦袢の半衿の付け方を教える

という事をさせて頂きました。黒田呉服店様ありがとうございました。

 

普段は先生から教わる側であり、教えるという事は中々無い体験です。

   

 

帰ってきた学生に、「教える(た)」事について聞いてみたところ、

 

「先生達の苦労がよくわかる」「思うように教える事が出来なかった」

「次回、(半衿付けを)自分でをやってもらうには何を覚えてもらえば良いのか」

「一度、作業工程を見せてから教えると理解してもらいやすかった」

 

このように感想をいただき、学生側も、どう説明したら・・・どう伝えれば理解してもらえるのか・・・

とよく考え、工夫しながら接している様子をうかがえました。

 

 

お客様には無事に半衿付けを完成させていただいたようで、学生も先生としての

達成感ややりがいなどを少しでも感じられたのではないでしょうか。

 

参加された学生のお二人共お疲れ様でした!


浴衣で歌舞伎を観に。

6月26日(月)

 

県立複合文化施設であるグランシップと呼ばれる場所にて、

「歌舞伎鑑賞教室」を観に行ってきました。

鑑賞教室という事で、歌舞伎を観るのが初めてのお客さんや学生さん向けに、

本編が始まる前の30分程、丁寧に伝統芸能の観方を教えてくれるというものでした。

 

 

 

当日は、学校で浴衣を着て、電車に乗りグランシップまで行きましたが、

浴衣姿(参加者30人程)でゾロゾロと移動しますと、やはり目立つ目立つ(人´∀`)

自国の伝統衣装を纏うと「目立つ」というのも変な話な気もしますが、

確かに華やかに見えますし、

見慣れない光景なのでしょうがないのかもしれませんね。

 

↑歌舞伎役者の中村隼人さん。

(この時だけ特別に写真撮るのがOKでした。)

この方が、歌舞伎の観方の説明をしてくださり、女型を演じる時のコツでしたり、歌舞伎では「黒は見えない」(例えば黒子)というルールがあるという話を色々してくださったりと大変分かりやすく説明してくださりました。

その後、本編上演が始まり、劇も観やすかったのではないかと思います。

 

学生には学校での和裁などの授業以外にも、日本の文化を知ってもらうための機会を設けています。

今後も日本の伝統を知って、興味をたくさん持っていって欲しいですね。


入学式から2ヶ月が経って。

 こんにちわ。

静岡は、最近まではしばらく空梅雨でしたが、

ようやく梅雨本番といったところでしょうか。

6月21日は滝の様な雨でしたが・・・タキ━━(;゚Д゚)━━!!?

 

・・・本題に移ります。

一年生も入学してから2ヶ月が過ぎて、学校生活にも慣れてきた頃なので、

皆さんが和裁や学校に対して思った事など一言いただきました。

以下、皆さんの感想です。(*文は変えてるものもあります)

 

「反物が出来上がりの形(ゆかた)になるのが喜びと達成感があります」

 ・もの作りの醍醐味です!これからもその気持ちを忘れないで縫っていって欲しいです。

 

「無になる。楽しい」

 ・悟りを開いたかのようなセリフですね。笑ってしまうかもしれませんが

縫っている時は、本当にこのような感覚になる時があります。

 

「ゆかたはもう少しスピードをあげていきたい」

 ・大丈夫です!1年後、いえ数か月後には、皆さん今では考えられない様なスピードで

縫っていますよ!

 

「ゆかたは柄や、寸法、生地の固さや種類などによって様々なものがあり、作り方も変わるので 和服は奥が深い」

 ・今後、上級生になって着物などに入りますと、生地の特性などを考えながら縫っていかなくてはならないので、更に、着物や和裁が出来る人の凄さを知っていくと思います。

 

「黙々と作業が出来るのが楽しい」

「時間が経つのが早い」

 

 など、今回の「一言感想」では、一日があっという間に過ぎるという風に答えてくれた人が多かったです。

きっと皆さんが集中して授業を受けている証拠ですね。 

 

一年生の皆さんありがとうございました!

 

 

 


専修学校 辻村和服専門学校ホームページへ戻る
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
資料請求はこちらへ
辻村和服専門学校各種資料請求はこちら!
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links