〜日本刺繍体験〜

昨年度から始めた日本刺繍体験イベント。

今回も辻村に「日本刺繍 まゆの会」の先生をお招きし、開催しました。

初参加の学生は桜の花を刺繍していきました。

普段から針と糸を持って作業をしていますが、和裁とはまた違うので学生達も興味深々です。

 

今回2回目の参加の学生には前回より一歩進んだ事をやってもらおうと先生と相談をして、

「糸撚り」と刺繍は「紅葉」をやってもらう事にしました。

↑【糸撚り】

一本の糸(この糸も12本の細糸からなる)の中心を

糸撚りをするための器具の先っぽにある金具に引っ掛けて2本分にし、

両方が撚れたら、その2本を合わせて更に撚っていく。

刺繍する柄によって、糸の本数を変えて撚ることで太さが変わり、表現の幅が広がるとのこと。

 

因みに日本刺繍で使われる糸の色の種類は膨大にあるようですΣ(゜Д゜)

和裁もかなり糸の色は多いかと思いますが↑は一部のようです。

 

↑【紅葉】学生の作品  

すごく上手に出来てます! まだ紅葉していないみたいですが(・w・)

初参加、二回目の学生共に皆楽しんでやってもらえたようで良かったです♪

 

 

学生は現在、来年の2月に行われる国家試験に向けて練習に励んでいます。

まだ試験制限時間内に終わらなかったり、仕上がりについて満足していない学生も、この2カ月で成長して自身を付けてもらいたいですね!頑張れ〜\(゜▼゜)ノ


授業風景〜これから裁ちを学ぶ学生に〜

〜裁ちの授業について〜

 

辻村では裁ちの授業は主に4年生を中心に勉強して行きます。(進み具合では3年生から裁ちの授業に入る学生も居ます。)

勿論裁縫もしますが、3〜4週間をサイクルに一週間丸々裁ちを勉強していきます。

今回は、これから裁ちを勉強していく学生へ、

本格的に始める前に裁ちの基本を学びつつ「ゆかた」を一反裁つという授業を行いました。

裁ちを始めるとマンツーマンの指導となりますが、今回は皆で勉強。

授業では裁ちに必要な寸法の出し方や計算を学んでから、

裁ちをしていきました。

 

当然いきなりハサミを入れる事は出来ないので、まずはお客様(仮定)の指定寸法が自分の持っている反物で長さが足りるのかなど見積もりをしていきます。ここで反物の長さが足りなかったりした場合は裁ち寸法を変えて見積もりをしたりしますが、あくまで指定寸法を取れる様に調整していきます。ただ柄などの流れも考えなくてはいけなく、ただ長さがあれば良いというわけでもないので、その辺が慣れるまで難しい所だと思います。

 

お袖の部分や身頃の部分等が決まり、

いよいよ裁ちの瞬間・・・(一度切ってしまったら元に戻らないというプレッシャー!!)

 

今回は練習用の反物を使い裁ちをしましたが、それでもやはり反物にハサミを入れるのは緊張したようです。

裁ちを来年度から始めるまでもう少し時間がありますが、それまで皆今日の授業内容を頭に入れておくようにね!

 

 


ヨガに興味のある方へ。

辻村和服専門学校では一般の方にお部屋を解放しお貸ししたりもしています。

その一つとして「ヨガ」のレッスンがあります。

講師の方の「心芽ヨガ」HP

 

お昼と夜に週2〜3回程のレッスンがあり、

学生はお昼の部は当然授業中ですので無理ですが、夜の部に参加する人も居ます。

自分も月に1〜2度程参加させていただいたりしてます。

ヨガをやった日は気持ちよく寝れ、良い睡眠のおかげで朝の目覚めが違ったりして身体にも気持ち的にも

とても良い運動だなと感じています。和裁で凝り固まった身体をほぐすにはかなりいいですw

 

今居る学生以外にも、もしこれから入ってくる学生の中で興味のある人は是非体験してもらいたいですね。


技能五輪の結果は?!

11月2〜5日まで開催されていました技能五輪全国大会も本日で閉幕。

 

↑閉会式にて静岡県の五輪出場者達。

入賞した人たちはメダルを持っていますw小さくて分かりずらいですが^^;

 

気になっていた辻村の結果はというと・・・

見事、銅賞をいただき今年も入賞を果たしました!

本当におめでとうございます!

本人は3度目の出場で今年こそは金賞を取るつもりで頑張っていました。銅賞ということで悔しさもありそうですが・・・

それでも素晴らしい事には違いありませんからねd(゜v゜)

 

 

■会場での様子■

 

↑今年は全国から16名の参加となりました。

実際に仕立てている様子を見ると1人1人の動き(仕立て方?)が微妙に違うので面白いですよ。

 

 

 

↑競技中  袷の着物の釣り合いを見ているところです。

 

見に行った学生は次回の五輪に出場したいということで、

会場の雰囲気でしたり選手達の手付きなど参考になるところが多かったのではないでしょうか。

来年も期待しています!

 

会場の写真等での様子(公式)

 


いよいよ始まります!〜技能五輪〜

本日11月2日から、ついに技能五輪が沖縄にて開催されます。

辻村からの技能五輪出場選手も前日に沖縄入りし、準備をしています。

今年も入賞(金賞)目指してガンバレ〜b

 

 

技能五輪に出る人たちの技術を観に、沖縄へ見学に行っている学生も居ます。

出場選手達の縫う手付きなど、色々と学べるのではないでしょうか!

 

 

出場選手、見学しに行った学生が学校に戻ってきたら、大会でのお話を聞こうと思います。

ではまた!

 


「あたりまえ」の反対は?

本日は学校に和尚様をお呼びしまして「説話・法話」を聞かせていただきました。

 

今回は「ーあたりまえー『どうせ私なんか、と思う時』」というテーマでした。

 

まず「あたりまえ」の反対は何かというと、「ありがとう」だそうです。

「当たり前(当然)」と「有り難う(有ることが難しい)」。

自分の身の回りのことや何気ない生活においても、それがあるのが当然と思い素晴らしい事なのに喜びを感じる事ができずにいるか、

有ることが難しいと気付きどんなに今の自分が幸せだったり恵まれていると感じられるか。

「有ることが難しい」というのは人間は失って初めて分かる。

 

もし、優しく(親切に)してもらっていたおばあちゃんが亡くなって、その優しさに少しでも有り難いなと思ったら、今度は自分が周りの人へ優しくしたり親切にしていく。人に親切にするといっても難しい事をやらないでもよく、トイレのくつを揃える、落ちているゴミを拾うなど日常的なことで、後の人の事を考えて行動することが大事である、と。

 

 

和尚様の体験談や実際に相談された話なども含めつつお話していただきました。

まだまだ若いうちは自分の事でいっぱいでしたり、「ありがたみ」に気付けない事もあるかもしれませんが、

学生達もこのようなお話を期に考えてもらえるといいですね。

 

 


専修学校 辻村和服専門学校ホームページへ戻る
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
資料請求はこちらへ
辻村和服専門学校各種資料請求はこちら!
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links